このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • ホーム
  • 聖心の想い
  • 施術内容と料金
  • 美容コラム
  • アフターケア
  • 全国のクリニック
  • ドクター紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

KERASTEM(ケラステム)毛髪再生

自身の脂肪から抽出した幹細胞を頭皮に注入する毛髪再生医療です。

KERASTEM(ケラステム)毛髪再生は、アメリカで開発され、当院およびイギリスで臨床研究された毛髪再生治療です。(全国8院※/男性のAGA・女性の薄毛ともに治療可能です。)

※札幌院・大宮院・東京院・横浜院・名古屋院・大阪院・広島院・福岡院

幹細胞とは、「新しい脂肪」や「新しい血管」などに分化(変身)したり、他の細胞の活性化や自らを複製するなどさまざまな能力を持った細胞です。
現在、世界中で“幹細胞”を用いた「再生医療」が注目されていますが、聖心美容クリニックでは、自己脂肪組織内に存在する幹細胞を用いた治療に着目し、美容医療の分野において、2007年より本格的に取り組んでいます。

薄毛が起こる原因

髪の毛は、成長期 → 退行期 → 休止期 → 脱毛というサイクル「毛周期」で繰り返し成長しています。
この毛周期が異常を起こし、成長期が短く、休止期が長くなることで薄毛が起こります。

なぜ毛周期の異常は起こる?

毛包の根元には、バルジ領域と呼ばれる部位があります。
このバルジ領域には、毛を作る「毛包幹細胞」が存在し、休止期から成長期にかけて細胞分裂することで、毛髪が形成されます。
この毛包幹細胞の働きが悪くなることで、休止期から成長期へのサイクルがストップしてしまい、毛周期の異常が発生します。

幹細胞を注入することで、頭皮になにが起こる?

頭皮環境を整え、発毛へ導きます。

 毛包を刺激!発毛スイッチをONに

幹細胞を頭皮に注入することで、毛根の周囲に存在する「脂肪になる前の細胞(脂肪前駆細胞)」が活性化します。 この細胞から作られる「PDGF」をはじめとする様々な成長因子(グロースファクター)が、休眠状態の毛包幹細胞に作用。休止期から成長期へのサイクル移行、スイッチを入れて毛髪の成長につなげます。

 新しい血管を作り、血流を改善

頭皮内の血流が悪いと、髪の成長に必要な栄養が行きわたりません。毛髪は徐々に細くなります。

幹細胞を注入すると、血管が新生されます。

血流が改善し、栄養が運ばれるように。
太く丈夫な毛を育てます。

 頭皮の脂肪不足を補い、「硬い頭皮」を柔らかく

頭皮の脂肪層は、薄毛が進行すると縮小し、毛髪が再生するときにはまた増えると言われています。

幹細胞のほか、脂肪そのものを注入するため、頭皮内の脂肪が増加。

より発毛に適した頭皮環境へ整えます。

 頭皮内の炎症を改善

毛根周辺におこる炎症が、抜け毛の原因の1つとして考えられています。

幹細胞を注入することで、抗炎症効果のある成長因子も産生され、毛根周辺の炎症を抑えると考えられています。

世界5か国での治療を開始
FDAフェーズ2認可取得中

聖心毛髪再生外来では、皮下脂肪内に存在する
「脂肪組織由来幹細胞」を用いた毛髪再生治療に
着目し、治療に取り組んでいます。
ケラステム毛髪再生は当院及びイギリスでの
臨床応用を経て、実用化に成功しました。

現在では、世界5か国で治療が開始され、
米国ではFDA(※)の認可取得へ向けた
臨床試験がスタート。
フェーズ1(安全性)のテストをクリアし、
フェーズ2の認可を取得中です。

<(※)FDA(米国食品医薬品局)>
日本の厚生労働省にあたる米国の行政機関

処置時間 3時間~4時間程度
日常生活
  • ・洗髪:24時間後から可能
  • ・シャワー:3日後から可能
  • ・入浴:抜糸の翌日(8日後)から可能
腫れ・痛み 【脂肪吸引部】
  • ・痛み:治療に使う脂肪組織の採取は少量(120cc~250cc)なので、筋肉痛程度です。
  • ・内出血:手術後2週間程度で治まります。
  • ・術後1週間経った頃から吸引部に硬さ(硬縮)がでてきますが、手術後の自然な経過です。時間の経過とともに治まります。
  • ・術後の腫れや内出血を少なくするため、術後3日ほどサポーターで固定します。固定によるかゆみは、強くかいたりしないよう気をつけてください。

【脂肪注入部(頭皮)】
  • ・腫れ・痛み:手術後、少し腫れますが、1週間程度で落ち着きます。
  • ・内出血:手術後2週間程度で治まります。
副作用情報
  • ・妊娠の可能性がある場合や妊娠中、授乳中の方への治療は行っておりません。必ず医師にお伝えください。
  • ・注入箇所に違和感がありますが、時間の経過とともに落ち着きます。

安全性は?
治療時、幹細胞の抽出にはCEマーク(※)の認可を受けたKERASTEMの技術を使用しています。
※CEマーク…商品がすべてのEU加盟国の安全基準を満たすものに付けられるマーク
いろいろな治療がありますが、ケラステムとグロースファクター再生療法、植毛治療のそれぞれの特徴は?
<ケラステム>
自身の脂肪から抽出した幹細胞を頭皮に注入、眠っている毛包幹細胞を刺激することで、毛周期のサイクルを改善します。
休止期にある毛包を成長期に変えることで、今ある毛包を「育てる」ことを目的としています。
治療には、脂肪の採取が必要です。

<グロースファクター再生療法>
発毛に有効とされるヒト由来の成長因子(グロースファクター)を各種配合した薬剤を頭皮に導入する治療です。
発毛環境の補正と毛周期の改善を目的としています。男性のAGA・女性の薄毛ともに治療が可能です。
治療には、脂肪の採取は必要ありません。

<ARTAS植毛>
頭髪の濃い部分から自身の毛根を採取し、薄くなった部分に移植する治療です。
採取する側頭部や後頭部の髪の毛は、男性のAGAの原因と言われているDHT(ジビドロデストステロン)の影響を受けにくく、移植後再脱毛する可能性が低い点が特徴です。
元々生えている髪の毛を移植するため、髪の毛の総量は変わりません。

札幌院/大宮院/東京院/横浜院/名古屋院/大阪院/広島院/福岡院

クイック資料請求カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る